乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4模擬試験お試し版は5回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、ぜんせきwebの会員にご登録ください。
ぜんせきwebは、全国の石油組合・組合員および関係機関・企業が会員対象です。

法令

問題1危険物の運搬容器の外部には規則で定める表示を行わなければならないが、その表示事項として定められていないものは、次のうちどれか。ただし、運搬容器の最大容積が2.2L以下のものを除く。
選択肢




回答欄
問題2法令上、定期点検が義務づけられている製造所等は、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題3法別表第1に定める第4類の危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、危険物の運搬に関する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題5法令上、製造所等における貯蔵の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題6法令上、製造所において、次のA~Eの指定数量の倍数に応じて、必要な空地の幅を満たしているものの組合せはどれか。ただし、高引火点危険物のみを取り扱うもの及び規則で定める防火上有効な隔壁を設けたものを除く。
A.指定数量の倍数(3):空地の幅(1m)
B.指定数量の倍数(5):空地の幅(2m)
C.指定数量の倍数(7):空地の幅(3m)
D.指定数量の倍数(11):空地の幅(3m)
E.指定数量の倍数(15):空地の幅(5m)
選択肢




回答欄
問題7法令上、給油取扱所における危険物の取扱いの技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題8法令上、製造所等の仮使用について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題9法令上、地下タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題10製造所等において、丙種危険物取扱者が取り扱うことができる危険物として、規則に定められていないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題11法令上、危険物取扱者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題12法令上、製造所等の区分及び貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量に関係なく、すべての製造所等の所有者等に共通して義務づけられているものは次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、一定数量以上の第4類の危険物を貯蔵し、又は取り扱う製造所等で、危険物保安統括管理者を選任しなければならない旨の規定が設けられているものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題14法に定める危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題15法令上、地下タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16燃焼に関する説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題17単体、化合物および混合物について、次の組合せのうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題18比熱がcで質量がmの物体の熱容量Cを表す式として、次のうち正しいものはどれか
選択肢




回答欄
問題19炭素と水素からなる有機化合物を完全燃焼させたとき、生成する物質のみを掲げたものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題20酸と塩基の説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題21液体危険物が静電気を帯電しやすい条件について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題220℃、1気圧(1.013×105Pa)で、22.4Lの一酸化炭素と22.4Lの酸素を混合して完全燃焼させた。このとき、反応した酸素の体積および反応後の気体の体積として、次の組合せのうち正しいものはどれか。ただし、気体の体積は0℃、1気圧(1.013×105Pa)として計算すること。
選択肢




回答欄
問題23消火に関する次の文の( )内のA~Cに該当する語句の組合せで、正しいものは次のうちどれか。
「一般的に燃焼に必要な酸素の供給源は空気である。空気中には酸素が約(A)含まれており、この酸素濃度を燃焼に必要な量以下にする消火方法を(B)という。物質により燃焼に必要な酸素量は異なるが、一般に石油類では、空気中の酸素濃度を約(C)以下にすると燃焼は停止する。」
選択肢




回答欄
問題24自然発火に関する次の文のA~Eに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。「自然発火とは、他から火源を与えなくても、物質が空気中で常温において自然に(A)し、その熱が長時間蓄積されて、ついに(B)に達し、燃焼を起こすに至る現象である。自然発火性を有する物質が、自然に発熱する原因として(C)、(D)、吸着熱、重合熱、発酵熱などが考えられる。多孔質、粉末状または繊維状の物質が自然発火を起こしやすいのは、空気に触れる面積が大で、酸化を受けやすいと同時に、(E)が小で、保温効果が働くために、熱の蓄積が行われやすいからである。」
選択肢




回答欄
問題25粉じん爆発について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26動植物油類の自然発火について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27第2石油類について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題28特殊引火物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29第4類の危険物の火災における消火方法について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30危険物の類ごとの一般的性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題31次のA~Eの危険物のうち、引火点が0℃以下のもののみを挙げているものはどれか。
A.ジエチルエーテル
B.ピリジン
C.酢酸(氷酢酸)
D.トルエン
E.アセトン
選択肢




回答欄
問題32第4類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33容器またタンクに危険物を収納する場合、可燃性蒸気の発生を抑制するため、液面に水を張って貯蔵する危険物は、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題34キシレンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35ベンゼンとトルエンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄