乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4模擬試験お試し版は5回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、ぜんせきwebの会員にご登録ください。

法令

問題1法令上、市町村長等から製造所等の許可の取消し又は使用停止を命ぜられる事由に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題2法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち第3種の消火設備に該当しないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3法令上、製造所等以外の場所において、灯油2,500Lを10日以内の期間、仮に貯蔵し、又は取り扱う場合の手続きとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、製造所等において危険物を取り扱う場合について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題5法令上、危険物の運搬に関する技術上の基準に定められていないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題6次のうち、給油取扱所に附帯する業務のための用途として、法令上、設けることができないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題7製造所等における地下貯蔵タンクの規則で定める漏れの点検について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題8法令上、顧客に自ら自動車等に給油させる給油取扱所の構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題9法令上、耐火構造の隔壁で完全に区分された3室を有する同一の屋内貯蔵所において、次に示す危険物をそれぞれの室に貯蔵する場合、この屋内貯蔵所は指定数量の何倍の危険物を貯蔵していることになるか。
・黄りん…40kg
・過酸化水素…600kg
・酢酸エチル…1,600L
選択肢




回答欄
問題10法令上、地下タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題11法令上、地下タンク貯蔵所の構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、二重殻タンク及び危険物の漏れを防止することができる構造のタンクを除く。
選択肢




回答欄
問題12法令上、危険物に関する説明について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、危険物を収納した容器の貯蔵及び取扱いについて、基準に定められていないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題14法令上、製造所等で流出した危険物またその他の事故等が発生した場合、当該製造所等の所有者等は応急措置を講じなければならないとされているが、その応急措置について次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題15法令上、製造所において、次のA~Eの指定数量の倍数に応じて、必要な空地の幅を満たしているものの組合せはどれか。ただし、高引火点危険物のみを取り扱うもの及び規則で定める防火上有効な隔壁を設けたものを除く。
A.指定数量の倍数(3):空地の幅(1m)
B.指定数量の倍数(5):空地の幅(2m)
C.指定数量の倍数(7):空地の幅(3m)
D.指定数量の倍数(11):空地の幅(3m)
E.指定数量の倍数(15):空地の幅(5m)
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16物理変化と化学変化について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題17燃焼に関する説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題18次の物質を反応させた場合に、水素が発生しないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題19混合危険の説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題20次の文の( )内のA~Cに当てはまる語句の組合せとして正しいものはどれか。
「可燃性液体は一般に電気の(A)であり、これらの液体がパイプやホース中を流れるときは、静電気が発生しやすい。この静電気の蓄積を防止するには、なるべく流速を(B)し、電気の(C)により接地するなどの方法がある。」
選択肢




回答欄
問題21単体、化合物および混合物について、次の組合せのうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題22可逆反応における化学平衝に関する記述について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題23燃焼等に関する一般的な説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題24可燃性蒸気の燃焼範囲の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題25酸化について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26灯油、軽油および重油についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27危険物の類ごとの一般的性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題28動植物油類の自然発火について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29第4類の危険物の一般的性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30引火点が21℃未満のものは、次のA~Eのうちいくつあるか。
A.アセトン
B.軽油
C.灯油
D.ジエチルエーテル
E.ギヤー油
選択肢




回答欄
問題31泡消火剤の中には水溶性液体用泡消火剤とそれ以外の泡消火剤がある。次に掲げる危険物の火災に際し、水溶性液体用泡消火剤以外の泡消火剤でも消火効果が期待できるものはどれか。
選択肢




回答欄
問題32移動貯蔵タンクから地下貯蔵タンク(計量口を有するもの)に危険物を注入中、危険物を流出させる事故が発生している。このような事故を防止するための方法として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33ジエチルエーテルの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題34第1石油類の貯蔵タンクを修理または清掃する場合の火災予防上の注意事項として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35ベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄