乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4模擬試験お試し版は5回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、ぜんせきwebの会員にご登録ください。

法令

問題1次のうち、給油取扱所に附帯する業務のための用途として、法令上、設けることができないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題2法令上、製造所等の位置、構造又は設備を変更する場合の手続きとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3法令上、危険物の運搬に関する技術上の基準に定められていないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、製造所等から一定の距離(保安距離)を保たなければならない旨の規定が設けられている建築物とその距離との組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題5法令上、定期点検を行わなければならない製造所等に該当しないものは、次のうちどれか。ただし、鉱山保安法による保安規程を定めている製造所等及び火薬類取締法による危害予防規程を定めている製造所等を除く。
選択肢




回答欄
問題6法令上、消火設備の区分について、次のうち誤っているものはいくつあるか。
A.スプリンクラー設備…第1種の消火設備
B.屋内消火栓設備…第2種の消火設備
C.粉末消火設備…第3種の消火設備
D.泡を放射する消火器で小型のもの…第4種の消火設備
E.膨張真珠岩…第5種の消火設備
選択肢




回答欄
問題7法別表第1に定める第4類の危険物の品名について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題8法令上、地下タンクを有する給油取扱所(自家用給油取扱所は除く。)の所有者等に義務づけられているものは、次のA~Eのうちいくつあるか。
A.危険物保安監督者の選任
B.危険物施設保安員の選任
C.予防規程の作成
D.定期点検の実施
E.自衛消防組織の設置
選択肢




回答欄
問題9アルコール類については法別表第1備考において、組成等を勘案して規則で定めるものを除くとされている。次の文のA~Bに当てはまる語句の組み合わせはどれか。
「アルコール類から除かれるものは、1分子を構成する炭素の原子の数が(A)までの飽和1価アルコールの含有量が(B)未満の水溶液である。」
選択肢




回答欄
問題10法令上、免状の交付、書換え又は再交付の手続きについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題11法令上、製造所等において、火災又は危険物の流出等の災害が発生した場合の応急の措置等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題12法令上、一定数量以上の第4類の危険物を貯蔵し、又は取り扱う製造所等で、危険物保安統括管理者を選任しなければならない旨の規定が設けられているものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、製造所等の所有者等に対し、製造所等の使用停止を命ぜられる事由として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題14法令上、危険物取扱者について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題15免状の書換えを行わなければならないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16水消火剤を使用する理由について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題17静電気に関する説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題18金属の腐食についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題19次の組合せのうち、燃焼が起こり得ないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題20下の図は、水の状態図を示している。図中のA、B、Cそれぞれの状態について、次のうち正しいものの組み合わせはどれか。なお、1気圧は1.013×105Paである。
選択肢




回答欄
問題21次の物質のうち、単体はどれか。
選択肢




回答欄
問題22酸素の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題23液体A、液体B、水の蒸気圧曲線をそれぞれ右下図に示す。この図からいえることとして、次のうち正しいものはどれか。なお、「沸点」とは、1気圧(1.013×105Pa)の外圧下における標準沸点を表す。
選択肢




回答欄
問題24液体危険物が静電気を帯電しやすい条件について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題25危険物の性状について、燃焼のしやすさに直接関係ない事項は、次のうちどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26特殊引火物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27引火点の低いものから高いものの順になっているものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題28アセトンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29ジエチルエーテルの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30灯油の性状等について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題31第4類の危険物の貯蔵、取扱い方法について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題32グリセリンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33容器またタンクに危険物を収納する場合、可燃性蒸気の発生を抑制するため、液面に水を張って貯蔵する危険物は、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題34エタノールの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35アセトンおよびエタノールなどの火災に、水溶性液体用泡消火剤以外の一般的な泡消火剤を使用した場合、消火が効果的でない。その理由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄