乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4模擬試験お試し版は5回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、ぜんせきwebの会員にご登録ください。

法令

問題1危険物の貯蔵及び取扱いについて、法令上、危険物の類ごとに共通する技術上の基準が定められている。その基準において、「水との接触を避けること」と定められているのものは、次のA~Eのうちいくつあるか。
A.第1類のアルカリ金属の過酸化物
B.第2類の鉄粉、金属粉及びマグネシウム
C.第3類の黄りん
D.第4類の危険物
E.第5類の危険物
選択肢




回答欄
問題2法令上、移動貯蔵タンクから液体の危険物を容器へ詰め替えることができる場合の条件として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3製造所等において、丙種危険物取扱者が取り扱うことができる危険物として、規則に定められていないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、免状の交付について、次の文の( )内のA~Cに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
「(A)は、危険物取扱者が法又は法に基づく命令の規定に違反して免状の(B)その日から起算して(C)を経過しない者に対しては、免状の交付を行わないことができる。」
選択肢




回答欄
問題5屋外タンク貯蔵所に防油堤を設けなければならないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題6法令上、顧客に自ら自動車等に給油等をさせる給油取扱所における取扱いの技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題7法令上、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所における取扱いの基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題8法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題9法令上、次のA~Eの製造所等のうち、300人以上の人員を収容することができる劇場、映画館等の施設から一定の距離を保たなければならない旨の規定が定められているものすべてを掲げている組合せはどれか。
A.給油取扱所
B.屋外タンク貯蔵所
C.移動タンク貯蔵所
D.屋外貯蔵所
E.屋内タンク貯蔵所
選択肢




回答欄
問題10法令上、第一種販売取扱所において危険物を配合する室の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題11法令上、危険物を取り扱う建築物等の周囲に、一定の幅の空地を保有しなければならない旨の規定が設けられている製造所等のみを掲げている組合せは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題12法令上、次に掲げる製造所等において、その規模、貯蔵し又は取り扱う危険物の最大数量等にかかわらず、第5種の消火設備を2個以上設けなければならないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、危険物の取扱作業の保安に関する講習について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題14法別表第1に掲げる第4類の危険物の品名に該当しないものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題15法令上、製造所等において危険物の流出等の事故が発生した場合の措置について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16次の金属のうち、イオン化傾向が最も大きいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題17Aの物質がBの物質に変化した場合、それが酸化反応に該当するものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題18次の組合せのうち、一般に可燃物が最も燃えやすい条件はどれか。
選択肢




回答欄
問題19単体、化合物および混合物について、次の組合せのうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題20次に掲げる物質どうしの反応で、常温(20℃)、1気圧において、可燃性の気体を発生しない組合せはどれか。
選択肢




回答欄
問題21消火方法と主な消火効果との組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題22混合危険の説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題23二酸化硫黄、酸素、三酸化硫黄が平均状態にあるとき、平衝が右に移動する組合せは、次のA~Eのうちどれか。ただし、正反応は発熱反応である。
2SO2+O2 ⇄ 2SO3
A.圧力を上げる。
B.圧力を下げる。
C.温度を下げる。
D.酸素濃度を上げる。
E.触媒を入れる。
選択肢




回答欄
問題24下の図は、水の状態図を示している。図中のA、B、Cそれぞれの状態について、次のうち正しいものの組み合わせはどれか。なお、1気圧は1.013×105Paである。
選択肢




回答欄
問題25酸化剤と還元剤について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26第4類の危険物の火災予防の方法として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27危険物を取り扱う地下埋設配管(鋼管)が腐食して危険物が漏えいする事故が発生している。この腐食の原因として妥当でないものは次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題28液温が常温(20℃)のとき、引火の危険性がある危険物の組合せは、次のうちどれか。ただし、ガソリンは自動車ガソリンとする。
選択肢




回答欄
問題29自動車ガソリンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30次のA~Eの危険物のうち、引火点が0℃以下のもののみを挙げているものはどれか。
A.ジエチルエーテル
B.ピリジン
C.酢酸(氷酢酸)
D.トルエン
E.アセトン
選択肢




回答欄
問題31灯油と軽油の性状について、誤っているものはいくつあるか。
A.引火点が常温(20℃)より高い。
B.発火点が100℃より低い。
C.蒸気比重が1より重い。
D.水に溶けない。
E.水より重い。
選択肢




回答欄
問題32ジエチルエーテルの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33ベンゼンやトルエンの火災に使用する消火器として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題34次の危険物のうち、ぼろ布等の繊維に染み込ませて放置すると、状況によって自然発火を起こす可能性のあるものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35キシレンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄