乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4模擬試験お試し版は5回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、ぜんせきwebの会員にご登録ください。

法令

問題1法令上、定期点検を行わなければならない製造所等に該当しないものは、次のうちどれか。ただし、鉱山保安法による保安規程を定めている製造所等及び火薬類取締法による危害予防規程を定めている製造所等を除く。
選択肢




回答欄
問題2法令上、危険物とその火災に適応する第5種の消火設備との組合せで、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3法令上、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、給油取扱所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題5法令上、製造所等における法令違反と、これに対し市町村長等から命ぜられる命令の組合せで、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題6法令上、次のA~Eの製造所等のうち、定期点検を行わなければならないもののみを掲げているものはどれか。
A.第一種販売取扱所
B.屋内タンク貯蔵所
C.移動タンク貯蔵所
D.地下タンクを有する給油取扱所
E.簡易タンク貯蔵所
選択肢




回答欄
問題7法令上、危険物保安監督者に関する記述について、次のA~Dのうち、正しいものの組合せはどれか。
A.選任の要件である6か月以上の実務経験は、製造所等におけるものに限定されない。
B.危険物保安監督者を選任又は解任した場合は、遅滞なくその旨を市町村長等に届け出なければならない。
C.製造所等において取り扱う危険物が指定数量未満であれば、甲種又は乙種危険物取扱者の立会いがなくても、誰でも危険物を取り扱うことができる。
D.危険物施設保安員を置かなくてもよい製造所等の危険物保安監督者は、規則で定める危険物施設保安員の業務を行わなければならない。
選択肢




回答欄
問題8法令上、移動貯蔵タンクから液体の危険物を容器へ詰め替えることができる場合の条件として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題9法令上、次の文の( )内に当てはまる語句はどれか。
「第1石油類とはアセトンやガソリンその他1気圧において引火点( )未満のものをいう。」
選択肢




回答欄
問題10法令上、危険物保安監督者について、次の文の( )内のA~Cに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。「政令で定める製造所等の所有者等は、(A)で、(B)以上危険物の取扱いの実務経験を有するもののうちから危険物保安監督者を定め、(C)に届け出なければならない。」
選択肢




回答欄
問題11法令上、10日以内の制限があるものは、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題12法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、製造所等に設置する消火設備の区分について、次のうち第3種の消火設備に該当しないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題14法令上、危険物に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題15法令上、製造所等の仮使用について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16地中に埋設された危険物配管を電気化学的な腐食から防ぐのに異種金属を接続する方法がある。配管が鉄製の場合、接続する異種の金属として、次のうち正しいものはいくつあるか。
・亜鉛
・ニッケル
・銅
・鉛
・マグネシウム
選択肢




回答欄
問題17窒素について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題18可燃物と燃焼の仕方との組合せとして、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題19自然発火に関する次の文のA~Eに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。「自然発火とは、他から火源を与えなくても、物質が空気中で常温において自然に(A)し、その熱が長時間蓄積されて、ついに(B)に達し、燃焼を起こすに至る現象である。自然発火性を有する物質が、自然に発熱する原因として(C)、(D)、吸着熱、重合熱、発酵熱などが考えられる。多孔質、粉末状または繊維状の物質が自然発火を起こしやすいのは、空気に触れる面積が大で、酸化を受けやすいと同時に、(E)が小で、保温効果が働くために、熱の蓄積が行われやすいからである。」
選択肢




回答欄
問題20次の反応のうち、下線を引いた物質が還元されているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題21金属を粉体にすると、燃えやすくなる理由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題22次のA~Eに掲げる物質の主な燃焼形態について、正しいものの組合せはどれか。
A.コークス、硫黄…表面燃焼
B.なたね油、木炭…蒸発燃焼
C.硫黄、アセトアルデヒド…蒸発燃焼
D.木材、プラスチック…分解燃焼
E.ニトロセルロース、アセトン…自己燃焼
選択肢




回答欄
問題23粉じん爆発の特徴について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題24水素(H2)36gと酸素(O2)64gをある容器に入れたところ、その全圧が1.00kPaであった。このときの各成分気体の分圧として、次のうち正しいものの組合せはどれか。ただし、水素と酸素は互いに反応していないものとし、いずれも理想気体として挙動するものとする。
選択肢




回答欄
問題25引火点の説明として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26灯油、軽油および重油についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27アセトアルデヒドの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題28危険物の類ごとに共通する性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29アセトンおよびエタノールなどの火災に、水溶性液体用泡消火剤以外の一般的な泡消火剤を使用した場合、消火が効果的でない。その理由として、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30グリセリンの性状として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題31第1石油類の貯蔵タンクを修理または清掃する場合の火災予防上の注意事項として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題32「顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所(セルフスタンド)において、給油を行おうとして自動車燃料タンクの給油口キャップを緩めた際に、噴出したガソリン蒸気に静電気放電により引火して火災となった。」
このような静電気事故を防止するための給油取扱所における静電気対策として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33アクリル酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題34危険物の類ごとの一般的性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35火災に際し、水溶性液体用泡消火剤の使用が適切である危険物の組合せとして、正しいものは次のうちどれか。
選択肢




回答欄