乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4模擬試験お試し版は5回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、ぜんせきwebの会員にご登録ください。

法令

問題1法令上、次の危険物を同一場所で貯蔵する場合、指定数量の倍数が最も大きくなる組合せはどれか。
選択肢




回答欄
問題2法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3法令上、製造所等の仮使用について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所に表示しなければならない事項として、次のうち該当しないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題5法令上、危険物施設保安員について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題6法令上、危険物施設保安員、危険物保安監督者及び危険物保安統括管理者の選任について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題7法令上、顧客に自ら自動車等に給油等をさせる給油取扱所における取扱いの技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題8製造所等における地下貯蔵タンクの規則で定める漏れの点検について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題9法令上、移動タンク貯蔵所の定期点検について、次のうち正しいものはどれか。ただし、規則で定める漏れに関する点検を除く。
選択肢




回答欄
問題10法令上、簡易タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題11法令上、消火設備の区分について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題12法令上、予防規程について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、製造所等において規則で定める地下貯蔵タンクの漏れの点検について、次のA~Dのうち正しいもののみを掲げているものはどれか。
A.危険物取扱者又は危険物施設保安員で、漏れの点検方法に関する知識及び技能を有する者は、点検を行うことができる。
B.点検は、タンク容量が10,000L以上のものについて行わなければならない。
C.点検記録は、製造所等の名称、点検年月日、点検方法、結果及び実施者等を記載しなければならない。
D.点検結果は、市町村長等に報告しなければならない。
選択肢




回答欄
問題14法令上、営業用給油取扱所の予防規程のうち、顧客に自ら給油等をさせる給油取扱所のみが定めなければならない事項は、次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題15法令上、製造所等に設ける標識、掲示板について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16燃焼の一般的な難易に関して、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題17物質の分類として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題18次のうち酸化反応ではないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題19次の文の( )内のA~Cに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
「物質と物質とが作用し、その結果、新しい物質ができる変化が(A)である。また、2種類あるいはそれ以上の物質から別の物質ができることを(B)といい、その結果できた物質を(C)という。」
選択肢




回答欄
問題20窒素について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題21次の官能基を持つ有機化合物の組合せとして誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題22混合危険の説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題23アセチレンについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題24次の性状を有する引火性液体についての説明として正しいものはどれか。
・沸点:78.3℃
・引火点:12.8℃
・燃焼範囲:3.3~19vol%
・発火点:363℃
・液体の比重:0.78
・蒸気比重:1.6
選択肢




回答欄
問題25次のA~Dに示す電池について、起電力の大きい順に並べたものはどれか。
A.リチウムイオン電池
B.鉛蓄電池
C.マンガン乾電池
D.ニッケル・カドミウム電池
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26軽油の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27動植物油の中で乾性油などは、自然発火することがあるが、次のうち最も自然発火を起こしやすい状態にあるものはどれか。
選択肢




回答欄
問題28泡消火剤の中には水溶性液体用の泡消火剤とその他一般の泡消火剤がある。次の危険物の火災を消火しようとする場合、一般の泡消火剤では適切ではないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29動植物油類について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30第4類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題31灯油、軽油および重油についての説明で、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題32第1類から第6類の危険物の性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33特殊引火物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題34油槽所から河川の水面に、非水溶性の引火性液体が流出している場合の処置について、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35次のA~Eの危険物のうち、引火点が0℃以下のもののみを挙げているものはどれか。
A.ジエチルエーテル
B.ピリジン
C.酢酸(氷酢酸)
D.トルエン
E.アセトン
選択肢




回答欄