乙種第4類危険物取扱者試験同様に法令15問、物理・化学10問、性質・火災予防10問、合計35問。
過去3年間に出題された520問からランダムに出題されます。
※乙4模擬試験お試し版は5回のみ受講可能です。
 続けてご利用いただく場合は、ぜんせきwebの会員にご登録ください。

法令

問題1法に定める危険物の説明について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題2法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題3法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題4法令上、次の文の( )内に当てはまる語句はどれか。
「第1石油類とはアセトンやガソリンその他1気圧において引火点( )未満のものをいう。」
選択肢




回答欄
問題5法令上、予防規程について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題6法令上、危険物施設保安員、危険物保安監督者及び危険物保安統括管理者の選任について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題7法別表第1の性質欄に掲げる危険物の性状として、次のうち該当しないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題8法令上、製造所等における危険物の貯蔵及び取扱いのすべてに共通する技術上の基準について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題9法令上、危険物の運搬基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題10法令上、免状の交付、書換え又は再交付の手続きについて、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題11法令上、製造所等の区分及び貯蔵し、又は取り扱う危険物の品名、数量に関係なく、すべての製造所等の所有者等に共通して義務づけられているものは次のうちどれか。
選択肢




回答欄
問題12法令上、危険物に関する説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題13法令上、地下タンク貯蔵所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題14法令上、耐火構造の隔壁で完全に区分された3室を有する同一の屋内貯蔵所において、次に示す危険物をそれぞれの室に貯蔵する場合、この屋内貯蔵所は指定数量の何倍の危険物を貯蔵していることになるか。
・酸化プロピレン…200L
・ベンゼン…2,000L
・黄りん…100㎏
選択肢




回答欄
問題15法令上、製造所の位置、構造及び設備の技術上の基準について、次のうち誤っているものはどれか。ただし、特例基準が適用されるものを除く。
選択肢




回答欄

物理・科学

問題16物質の状態変化の説明について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題17単体、化合物および混合物について、次の組合せのうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題18次の文の( )内のA~Dに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
「一酸化炭素は、炭素または炭素化合物の(A)によって生じる。また、二酸化炭素が高温の炭素で(B)されたときにも生じる。一酸化炭素は、無色、無臭の(C)気体で、水にも溶けにくい。空気中で燃焼させると、(D)をあげて燃え、二酸化炭素になる。」
選択肢




回答欄
問題19沸点と蒸気圧について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題20混合危険の説明として、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題21固体可燃物の燃焼しやすい条件として、次の組合せのうち最も適切なものはどれか。
選択肢




回答欄
問題222つの異なる絶縁性固体を摩擦する場合、次のうち静電気の発生に最も影響しないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題23次の文の( )内のA~Dに当てはまる語句の組合せとして、次のうち正しいものはどれか。
「二酸化炭素は、炭素または(A)の(B)燃焼の他、生物の呼吸や糖類の発酵によっても生成する。二酸化炭素は、空気より(C)気体で、水に少し溶け、弱い(D)性を示す。」
選択肢




回答欄
問題24可逆反応における化学平衝に関する記述について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題25酸化について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄

性質・火災予防

問題26第4類の危険物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題27第4石油類の性状・用途について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題28アクリル酸の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題29自動車ガソリンの一般的性状について、次のうち正しいものはどれか。
選択肢




回答欄
問題30泡消火剤の中には水溶性液体用泡消火剤とそれ以外の泡消火剤がある。次に掲げる危険物の火災に際し、水溶性液体用泡消火剤以外の泡消火剤でも消火効果が期待できるものはどれか。
選択肢




回答欄
問題31重油の一般的性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題32特殊引火物の性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題33第4類の危険物の火災における消火方法について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄
問題34ベンゼンやトルエンの火災に使用する消火器として、次のうち適切でないものはどれか。
選択肢




回答欄
問題35アセトアルデヒドの性状について、次のうち誤っているものはどれか。
選択肢




回答欄